ホーム > 利用規約

利用規約
利用規約

株式会社東洋オンラインジャパン 利用規約

  • 第1条 利用規約
  • (1) 東洋囲碁会員サービス利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、東洋オンライン株式会社(以下「会社」といいます) が提供する会員制サービス、および会社が提携会社と共同で提供する会員制サービス(以下合わせて「本サービス」とい います)への加入条件、利用に関する諸事項、その他必要な事項を定めたものです。会社は、本利用規約に同意した上で所定の手続に従って本サービスの利用登録を行い、会社が当 該利用登録を承認した方(以下「会員」といいます)に対して本サービスを提供します。

    (2) 会社は本利用規約を会員の了承を得ることなく変更することがあります。

    (3) 本利用規約の変更は、本サービス上に変更後の本利用規約が掲示され、会員が閲覧可能となった時点で効力が生じるもの とします。会員が本利用規約の変更の効力発生後も本サービスを利用する場合は、変更後の本利用規約に同意したものとみなすものとします。

    (4) 会員は、本利用規約の規定若しくは本利用規約の変更に対して異議がある場合、または本サービスの内容に異議がある場合において講じることのできる手段は、本サービスの利用を終了することに限定されることをあらかじめ承諾するものとします。

  • 第2条 本サービス
  • (1) 本サービスは、会社が会員に対して付与する「利用者ID」を使用して、会員が以下に定める個別サービスを利用することのできるサービスです。 1. インターネット対戦ゲームの提供サービス 2. 掲示板、チャット等、コミュニケーションツールの提供サービス 3. アバターサービス 4. ウェブメールサービス 5. ホームページスペースの提供サービス 6. 前各号以外に、会社が本サービスにおいて提供するサービス 7. 前各号のサービスに付随・関連するサービス

    (2) 会社は自らの裁量により、会員への事前の通知なしに、本サービスの内容の変更および追加、並びに本サービスの全部または一部の中断、制限および終了をすることができます。

    (3) 会社は、個別サービスの利用条件(以下「個別規程」といいます)を個別サービス毎に別に定めることがあります。この場合、個別サービスの画面内において「個別規程」「ガイドライン」等の名称(ただし、名称はこれらに限られないものとします)をもって表示するものとし、個別サービスの利用をもって、会員は当該個別サービスの個別規程に同意したものとみなします。個別規程は本利用規約の一部を構成するものとし、個別規程の定めと本利用規約の定めが異なる場合は、個別規程の定めが優先するものとします。

    (4) 本サービスは、無料で利用できるサービス(以下「無料サービス」といいます)と有料で利用できるサービス(以下「有料サービス」といいます)に分かれています。 1. 無料サービスとは、次条に定める利用登録のみで利用できるサービスです。無料サービスの利用に関し、会社が会員に対して利用料を請求することはありません。 2. 有料サービスとは、有料サービスの利用申請を別途行うことで利用できるサービスです。有料サービスを利用することを希望する会員は、会社が指定する決済手段の中から支払方法を選択し、有料サービス利用のための手続きを経て、有料サービスを利用することができます。

  • 第3条 利用登録
  • (1) 本サービスの利用を希望する方は、本利用規約に同意し、会社が指定する情報(以下「登録情報」といいます)を登録するものとします。

    (2) 利用登録に以下の事由があると会社が判断した場合、会社は利用登録を承認しないことができます。また、会社が利用登録を承認した後に以下の事由があると判断した場合、会社は当該利用登録の承認を取り消し、当該会員の本サービスの利用を停止し、当該会員との間の利用契約を解約して利用者IDを削除することができます。
    1. 登録情報に虚偽がある場合
    2. 他人の名義による利用登録である場合
    3. 本利用規約に違反したことがある者からの利用登録である場合
    4. 会社に対して有料サービスの利用料を滞納している者からの利用登録である場合
    5. 会社に対して不利益または損害を与えたことがある者からの利用登録である場合
    6. 利用者 ID が会社または第三者になりすますことを目的としている場合
    7. 利用者 ID が他人に嫌悪感を与えるまたは公序良俗に反する表現を含んでいる場合
    8. 前各号以外で、不適切な利用登録である場合

    (3) 以下の事由がある場合、その事由が解消するまで、会社は本サービスの利用を希望する方からの利用登録の承認を留保することができます。
    1. 本サービス関連設備に余裕がない場合
    2. 技術上の支障がある場合
    3. 会社の業務の都合上、承認が困難な場合
    4. 前各号以外で会社が不適当であると判断した場合

    (4) 本サービスの利用を希望する方が未成年者である場合、会社は利用登録の承認を留保することができます。また会社が当該利用登録を承認した場合においても、会社は未成年者である当該会員に対して、本サービスの全部または一部の提供の中止および制限を行うことができるものとします。

    (5) 会員は、登録情報を常に、最新、完全、かつ正確に保つこととし、登録情報に変更が生じた場合、速やかに会社の定める変更手続きを行うものとします。登録情報が不正確または虚偽であると会社が認める場合には、会社は当該会員の本サービスの利用を停止し、または当該会員との間の利用契約を解約して利用者 ID を削除することができます。登録情報が不正確または虚偽であったために会員が被った不利益および損害、並びに、本項に定める本サービスの利用停止、利用契約解約、および利用者 ID の削除に起因して会員が被った不利益および損害に関して、会社は責任を負わないものとしま す。

    (6) 有料サービスまたは個別サービスの利用時に、会員は追加の登録情報を登録しなければならない場合がありま す。

  • 第4条 利用者ID
  • (1) 会社は会員に対して、本サービスを利用するための所定の手続に従って、会員の指定に基づき利用者IDおよびパスワードを付与します。会員は自己の責任において、利用者 ID およびパスワードを管理するものとします。

    (2) 会員は、ID 変更アイテムを使用する場合を除き原則として利用者IDを変更することはできません。

    (3) 会員は、登録情報の変更画面において、パスワードを変更することができます。

    (4) 会員は、第三者に利用者 ID およびパスワードを使用されることのないよう、以下の事項を守らなければなりません。
    1. 容易に他人に推測されないパスワードとすること
    2. 少なくとも3ヶ月に一度は、パスワードを変更すること
    3. 他人にパスワードを公開しないこと
    4. 他人に自己の利用者IDを使用させないこと
    5. 複数の人間が使用するコンピュータ上で本サービスを利用する場合は、本サービスの利用を終えるときに必ずログアウトしウェブブラウザを終了させること
    6. 利用者IDを盗用された場合および盗用されたと思った場合は、遅滞なく会社に報告すること

    (5) 会社は、利用者IDとパスワードによって本サービスの利用があった場合、利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、当該利用の効果は、利用登録を行った本人に帰属するものとします。会員が第三者に利用者IDを使用された場合においても同様とします。

    (6) 会員は、自己の利用者IDの使用に関して起こる事柄に対して責任を負い、自己の利用者IDの使用に際して会社または第三者に損害を与えた場合、並びに自己の利用者 ID およびパスワードの他人による不正使用によって会社または第三者に損害を与えた場合、会社および第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。

  • 第5条 利用の終了
  • 会員が本サービスの利用を終了し、自己の利用者IDを削除することを希望する場合は、会員本人が、会社の定める方法に従い、会社に申請するものとします。

    このページの先頭へ
  • 第6条 有料サービスの利用
  • (1) 有料サービスは、本利用規約に基づいて利用登録を行った会員に限り利用申請をすることができま す。

    (2) 有料サービスの利用を希望する会員は、会社が指定する登録情報を本サービス画面上で登録して利用申請を行うものとします。

    (3) 有料サービスの利用契約は、前項の会員からの利用申請に対して会社が審査後、承認した場合に成立します。

    (4) 有料サービスの利用申請について、本利用規約第3条(2)項に記載する各号に準じる事由があると会社が判断した場合、会社は会員からの当該利用申請を承認しないことができます。また、会社が有料サービスの利用申請を承認した後に当該事由があると判断した場合、会社は当該利用申請の承認を取り消し、当該会員の有料サービスの利用を停止することができます。

    (5) 本利用規約第3条(3)項に記載する各号の事由がある場合、その事由が解消するまで、会社は会員からの有料サービスの利用申請に対する承認を留保することができます。

    (6) 会員が未成年者である場合、会社は当該会員からの利用申請の承認を留保することができます。また会社が当該利用申請を承認した場合においても、会社は未成年者である当該会員に対して、有料サービスの全部または一部の提供の中止および制限を行うことができるものとします。

    (7) 有料サービスを利用する会員が、定められた有料サービスの利用料を期限までに会社に支払わない場合、会社は事前の通知なく当該会員の本サービスの利用を停止し、再請求に対しても支払いを行わない場合は当該会員との間の利用契約を解約して利用者IDを削除することができます。

    (8) 会社は、理由のいかんに関わらず、決裁済の有料サービス利用料金の払戻しをしないものとします。

  • 第7条 掲示板およびチャットサービス
  • (1) 会社は自らの裁量において、事前の通知なく、自由に会員が掲示板に記載した発言の全部または一部を削除することができます。

    (2) 会社は自らの裁量において、事前の通知なく、自由に掲示板もしくはチャットルームを閉鎖することができます。

  • 第8条 (投稿内容)
  • (1) 会員が、本サービス内で開示、投稿、送信、掲載等を行ったコンテンツ(文章、情報、画像、映像、プログラム、データ等を含みますが、これらに限られないものとし、以下「会員 コンテンツ」と総称します)に含まれる著作物について、当該著作物の著作権を自らが保有していること、自らが著作権者より正当に当該著作物の利用を許諾されていること、または適法に当該著作物を利用していることを保証するものとします。万一、第三者より会員コンテンツに関して異議が申し立てられた場合、会員自らの責任と費用負担によりこれを解決するものとします。

    (2) 会員は、過失の有無に関わらず、自らの会員コンテンツおよびそのデータに起因する、物理的・精神的被害を含む一切の結果に対して責任を持つものとします。

    (3) 会社は自らの裁量に基づき、本サービス内に限らず、あらゆる用途と場所において会員コンテンツを自由に利用および使用し、編集および改変し、第三者に提供し、内容を調査し、他のサービスおよび広告宣伝活動に利用し、他のコンテンツおよび広告等と組み合わせて編集及び掲載し、並びに第三者にこれらを行うことを許諾することができるものとします。

    (4) 会社および会社が許諾する第三者は、会員に対する告知なしに前項に記載する行為を行うことができ、また当該行為について会員に対してのいかなる対価、報酬の支払いも必要としないものとします。会員はこれらをあらかじめ了承し、会社および会社が許諾する第三者に対して当該行為に関する一切の責任を免除するものとします。

  • 第9条 知的財産権
  • (1) 会員から提供されたものを除き、本サービスにおいて提供される情報およびソフトウェアに関する知的財産権は、会社または会社に当該権利の利用を許諾している第三者に帰属しています。

    (2) 会社は、会員に対し、本サービスにおいて有償または無償で提供されるソフトウェアを特定の一台のコンピュータにインストールし、同コンピュータ上で私的に使用することのできる非独占的、一身専属的な使用権を許諾します。会社の事前の許可なく本サービスを営利目的で使用することはできません。

    (3) 本サービスにおいて提供される情報およびソフトウェアは、意匠法、著作権法、商標法等により保護されています。

  • 第10条 禁止事項
  • (1) 会員は、本利用規約および各法律上の定めを遵守しなければなりません。

    (2) 会員は本サービスにおいて、故意・過失を問わず次の各項に該当する行為を行うことを禁じられています。

    1. 利用登録、利用申請または登録情報変更時において虚偽の内容を登録する行為
    2. 利用者IDを第三者に譲渡または使用させる行為
    3. 第三者に会員としての地位を譲渡する行為
    4. 他者を差別、誹謗中傷する行為
    5. 他者の名誉、プライバシーまたは信用を侵害する行為
    6. 他者に経済的または精神的な損害を与える行為
    7. 会社または第三者になりすます行為、会社または第三者との提携、協力関係の有無を偽る行為
    8. 猥褻または暴力的なメッセージ・画像・映像・音声等を送信、掲示、発信する行為
    9. 公序良俗に反する行為
    10. 脅迫的行為
    11. ストーカー行為
    12. 第三者の知的財産権(特許権、意匠権、商標権、著作権等)を侵害する行為
    13. 会社によって承認されていない勧誘、営業、広告、宣伝活動に該当する行為
    14. 本サービスを会社の事前の許可なく営利目的で利用する行為
    15. 第三者の個人情報を収集、蓄積する行為
    16. スパムメール等を開示、掲載、送信、頒布する行為
    17. 会社のサーバーに不正にアクセスする行為
    18. 第三者の利用者 ID を不正に使用して本サービスを利用する行為
    19. 会社または第三者の各種設備を害するウィルスプログラム等を開示、掲載、送信、頒布する行為
    20. ゲームの途中で、意図的にゲームを終了する行為
    21. ゲーム対戦時において勝負を操作する行為
    22. プログラムのバグを意図的に利用する行為
    23. 本サービスにおいて使用されているソフトウェアおよび データの全部若しくは一部を複製、複写、修正、追加、改変および二次利用する行為
    24. 本サービスにおいて使用されているソフトウェアに関し、逆アセンブル、逆コンパイル等の方法でソースコードを解析する行為
    25. 会社の定める利用条件、操作手順等に従わない行為
    26. 会社の行う本サービスの運営を妨害する行為
    27. その他会社が本サービス画面上で禁止を告知した行為
    28. 前各号の行為を試みる行為、前各号に類する行為、前各号に該当するおそれのある行為、およびその他会社が不適切と判断した行為

    このページの先頭へ
  • 第11条 本サービスの利用制限
  • (1) 会員が本利用規約に違反したと会社が認める時は、会社は次 の措置をとることができるものとします。
    1. 注意または警告
    2. 本サービスの提供中止
    3. 利用契約の解除および利用者IDの削除
    4. 会員が獲得したTポイント の剥奪
    5. ゲームランキングの変更
    6. 有料サービスの利用停止

    (2) 会社が前項の措置を行ったことによりまたは行わなかったことにより、会員または第三者に損害が発生しても、会社はいかなる責任も負いません。

    (3) 本条(1)項の定めは、会社から会員への損害賠償請求を妨げるものではありません。

  • 第12条 会員の義務・責任
  • (1) 会員は、本サービスにおける自己の行為について、会員自身が一切の法的な責任を負うものとします。また会員は、自己の本利用規約に対する違反等から生じる一切の責任を負い当該違反等から発生する損害の賠償および弁護士費用を含む一切の費用を負担するものとします。会社は、本サービスにおける会員の行為について、一切の責任を免除されるものとします。

    (2) 会員は、本サービスを自らの責任のみにおいて利用し、本サービスを利用して得た情報を自らの判断と責任で使用するものとし、また当該情報の使用から生じる一切の責任、損害、費用等について自らが負担するものとします。

    (3) 会員は、本利用規約に対する違反を発見した場合には、直ちに会社に報告するものとします。

  • 第13条 本サービスの中断
  • (1) 会社は、システムの定期点検やサーバー増設並びに交換等の必要がある場合、本サービスを中断することができます。

    (2) 会社は、新たなサービスの開始や本サービスの変更および本サービスの不具合を修正する必要がある場合に、本サービスを中断することができます。

    (3) 前二項に記載された範囲の本サービスの中断に際しては、緊急やむを得ない場合を除き事前にその旨を会員に対し告知することとします。

    (4) 会社は、火災、停電、その他事故、地震、その他天災、戦争、政変、その他これらに類する非常事態、基幹通信事業者などに起因するネットワーク障害、法令に基づく指示・命令、会員または第三者の行為に起因する事態、その他これらに準ずる不測の事態によって本サービスの提供が困難となった場合、本サービスの提供を中断することができます。

    (5) 会社が前四項の事由により本サービスを中断した場合であっても、会社は会員に対していかなる責任も負わないものとします。

  • 第14条 プライバシー情報の取り扱い
  • 会員のプライバシー情報の取り扱いについての指針は、関連法令および会社の個人情報保護ポリシーに従います。

  • 第15条 情報の提供
  • (1) 会社は会員に対して、本サービスに関する情報を、電子メールまたは郵便等の方法で提供することがあり、会員はこれらをあらかじめ承諾するものとします。

    (2) 会社は会員に対して、会社が提供する本サービス以外のサービスおよび商品に関する情報、並びに広告主等からの情報を、電子メールまたは郵便等の方法で提供することがあり、会員はこれらをあらかじめ承諾するものとします。

    (3) 会社は、前二項の情報の内容、並びに当該情報を元に入手できる商品およびサービス等について、いかなる保証も行わないものとし、またこれらに関する一切の責任が免除されるものとします。

    このページの先頭へ
  • 第16条 保証の否認
  • (1) 会員は、会員の責任において本サービスを利用することに明示的に合意します。

    (2) 会社は、以下の内容について一切の保証を行うものではありません。

    1. 本サービスの内容が会員の要求に合致すること
    2. 本サービスが中断されないこと
    3. 本サービスがタイムリーに提供されること
    4. 本サービスが安全であること
    5. 本サービス、並びに本サービス上で会社が提供するプログラム及びデータ等においていかなるエラーも発生しないこと
    6. 会員が本サービスを通じて取得する情報が正確であり、信頼できるものであること
    7. 本サービスにおいていかなる法的欠陥・瑕疵もないこと
    8. 本サービスを通じて送受信したデータが所定のサーバーに保管されること、相手方に伝送され受信されること、および画面上に表示されること
    9. 会社が開発中のサービスを公開テストの目的で会員に提供するアルファサービス、ベータサービスまたはこれに類する名目のサービスにおいて、プログラムのバグ等が発生しないこと

    (3) 会員は、会員自身の責任において本サービスを利用するものとし、送受信データの送受信、または専用ソフトウェアダウンロードに起因して会員のコンピュータ等の通信機器およびデータに発生した損害について全責任を負うものとし、会社は、一切責任を負わないものとします。

    (4) 会社は、会員が本サービスを利用して行った行為及びそれによる結果が会員の特定の目的(商業的な目的を含みますがこれに限定するものではありません)に適合するか否かについていかなる保証もいたしません。

  • 第17条 免責
  • (1) 会社は、会員に対して本サービスを提供するにあたり、会社の過失に基づく債務不履行または不法行為に起因して会員に損害が生じた場合、現実、直接かつ通常の損害に限り、第7条(2)項に定める利用限度額の一ヶ月分を上限として賠償するものとします。

    (2) 会社は、会員に発生した使用機会の逸失、業務の中断、期待した利益が得られなかったこと、および前項に記載する以外のあらゆる種類の損害(間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益を含みますがこれらに限られません)に対して、たとえ会社がかかる事態が発生する可能性を事前に通知されていたとしても、いかなる責任も負わないものとします。

    (3) 本サービスを媒介とした会員相互間または会員と第三者間の一切の取引および紛争等に関して、会社は一切関与せず、いかなる責任も負わないものとします。

  • 第18条 全般
  • (1) 本利用規約の準拠法は、日本法とします。

    (2) 本サービスまたは本利用規約に関連して会社と会員との間で生じる全ての紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

    (3) 会員は本サービスから生じるまたはそれに関連するいかなる訴訟も当該訴訟の原因が生じてから一年以内に開始されなければならないことに合意し、当該期間経過後はそのような訴訟は、永久に提訴できないものとします。